お問い合わせ・ご相談運営会社サイトマップ  
 
   
意思決定と《采配》の根本を形造る《采配ドットネット》
 
 
トップページ 基本的な考え方 相互信頼の原則 マーケティング事例 マネジメント事例 ツール・企画のご相談
 
 
実践的な“事例”を多面的に研究することが、自薦見識“深化”のスタート 《マネジメント課題編》 お問い合わせ先
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

思想や金言では…  いわゆる"偉人のビジネス論"や"英雄の金言"は、魅力的ではあっても、実践経営に役立つとは限りません。

いわゆる経営論も  株式を上場していない独立系企業では、上場企業を対象にした経営論も、役には立たないことの方が多いでしょう。

実践経営基本視点  では、独立系企業のマネジメントには、何が求められるのでしょうか。結論に飛ぶなら、そこには4つの基本テーマが重要になると言えるのです。

たったの4つ?  基本テーマが4つだけでは心もとないかも知れません。しかし、それは求められる経営手法全体の《4つの入り口》と位置付けられるものです。

4つの経営テーマ  その《4つの入り口》とは、マーケティングを除いた、①経営計算法、②組織統率法、③財産保全法、④生産性向上です。この4つに注目して行けば、必要な見識が必要なだけ"手に入る"とも言えるのです。

このページでは…  そこでこのページでは、その“4大テーマ”を、実践的な視点から、具体的に取り上げて行くことから始めたいと思います。

 
             
           
 

【1】事業の経営に求められる"計算力"イメージ

外注か従業員採用かの比較計算  
     経営に求められる"計算力"を、一つの事例から捉えてみましょう。
 経理業務処理に悩む、ある企業(D社)が会計事務所に相談すると、週1日だけ、月10万円で職員を派遣するという提案がありました。月10万円は"高い"と感じたD社は、独自の人材採用を検討します。
 今なら、月18万円で従業員が雇えそうです。賞与(年2回:各給与1ヶ月分)を入れると、1ヶ月当たり換算の給与は18万円+3万円(3万円は賞与総額の1ヶ月分)で21万円になります。
 しかも、その新人には総務業務や雑用をさせるため、経理に従事する時間は全体の4割だと考えられるのです。そのため人件費の実質コストは、21万円の4割で5.25万円に留まりそうです。
 これに社会保険料や交通費を入れても、月3.75万円増えるだけですから、会社負担は(5.25+3.75=)9万円に程度に過ぎません。
 社長は、この計算結果で、経理ばかりではなく、総務や雑用もさせるのですから、月10万円の派遣より自ら従業員を採用した方が得だと考えました。さて、この結論は、果たして"妥当"でしょうか。その考え方は《マネジメント事例001》に取りまとめました。
 このページは、オープンで《ご登録》なしにアクセスして頂けます。
 
           
 

【2】自分の"組織を動かす"ポイントとは…?

ヒトを動かすポイントは?  
     独立系企業にとっての《組織論》は、従業員や社外の関係先に、経営者の意図通りに"動いてもらう"手法でなければなりません。たとえ、組織としては未熟なものに留まっていても、経営者の《思い》を汲んで"ヒト"が動いてくれるなら、成果は獲得可能だからです。
 では、経営者の意図に従って"ヒト"を動かすためには、何が必要なのでしょうか。経営者のカリスマ性でしょうか。それとも"アメとムチ"の使い分けでしょうか。実際には、もっと重要な《組織マネジメント》視点があります。その視点なしには、カリスマ性もアメとムチも、決して機能はしないことが多いのです。
 そのポイントは《マネジメント事例002》に取りまとめました。アクセスには、簡単な《ご登録》が必要です。ご了承ください。
 
           
 

【3】シンプルに考え過ぎると見失いがちの"利益"

   
     独立系事業の"利益"は、どのように測定すればよいのでしょうか。事業の利益は"決算書"に記されていると言いたいところですが、それだけでは不十分なのです。
 そもそも、他者が株主の株式公開企業と、経営者ご自身が自社株オーナーである独立系企業が、"同じような会計資料"で分析評価できるはずはありません。逆に、独立系企業では『当面の利益ばかりに目が行き過ぎると、先行き"とんでもない"ことになりかねない』という指摘もあるのです。
 では、"その指摘の意味"は、どこにあるのでしょうか。そして、何が"利益"の基準になり得るのでしょう。
 その基本視点は《マネジメント事例003》に取りまとめました。アクセスには、簡単な《ご登録》が必要です。ご了承ください。
事業の利益の本姿を捉えているか?  
           
 

【4】断じて避けなければならない"生産性"の老朽化

   
     『船長が優れていても、船が老朽化したら航海はままならない』と言われます。それは企業にも当てはまるのでしょうか。
 もちろん当てはまりますが、《老朽化》の意味はやや複雑です。なぜなら、企業の老朽化は、必ずしも施設や設備の老朽化にも、従業員の高齢化にも、直接的には関係しないからです。
 企業の老朽化とは、一口にいうなら《仕事の進め方の老朽化》、つまり《業務の老朽化》だと考えるべきでしょう。仕事の進め方は、常に革新して行かなければ、すぐにも生産性の低下につながり、収益力を害してしまいます。そうかと言って、業務改革ばかりに目を向けたのでは、既存業務に慣れ親しんだ《現場》に反発が起こりかねないのです。
 そんな現実的な視点から捉えた、業務のアンチ老朽化、あるいは"生産性向上"のポイントを、《マネジメント事例004》に取りまとめました。アクセスには、簡単な《ご登録》が必要です。ご了承ください。
仕事の進め方が老朽化するって?  
             
             
 
 
   マネジメント課題に関しましても、マーケティング課題同様、相互信頼の原則の上で、個別にご相談をお受けしています。お手数ですが、ここから、必要事項をご記入の上、お問い合わせください。
 なお、個人情報保護方針については、こちらをご参照ください。

 
    (株)エフ・ビー・サイブ研究所のご支援方針  
 
 
             
        《マネジメント事例一覧》ページへ  
             
        このページトップへ  
             
 
 
  トップ基本的な考え方相互信頼の原則マーケティング事例マネジメント事例ツール・企画のご相談

当サイト閲覧登録ツール・教材と事例の一覧サイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ先

サイト運営者 |株式会社エフ・ビー・サイブ研究所株式会社さいぶ編集総研
 
     
 
閲覧登録
マーケティング事例集
マネジメント事例集
ツール教材一覧
 
他の共同サイト一覧
(株)エフ・ビー・サイブ研究所
(株)さいぶ編集総研
個人情報保護方針
 
 
Copyright(C) CIBE Editorial Institute, Ltd. & FBCibe Institute, Ltd. All Rights Reserved.